ほくろ 悪性

悪性のほくろ

植物のがぞう

実際にほくろやシミと間違いやすい皮膚の病気が存在します。

 

それが悪性黒色腫(メラノーマ)です。


 

 

ほくろ(ホクロ)のように見える皮膚の癌について。

 

ほくろと間違いやすい癌には、悪性黒色腫(メラノーマ)があります。

 

 

 

悪性黒色腫(メラノーマ)は皮膚に発生する癌の名前です。

 

最初はほくろのように見えることからほくろの癌として知っている方が多いと思います。

 

悪性黒色腫(メラノーマ)はとても転移しやすく悪性が強い癌ですが、早期に発見して手術を受ければ命を落とすようなことにはなりません。

 

気になるほくろがある方は早めに受診されるようにおすすめいたします。

 

悪性のほくろの事は何度か耳にした事があり、私の顔にあるほくろが以前より大きくなってきてる事に気づいたときはもしかして悪性のほくろだったらどうしよう・・・という不安感を感じていました。

 

 

 

下記に悪性のほくろの特徴をまとめましたので参考にして下さい。

悪性のほくろの特徴
後発部位 足の裏 手のひら 体幹 顔 爪 眼
大きさ 直径6ミリ以上(生まれつきあるほくろを除いて)
左右が非対称 ほくろの周囲がにじんだようになっている
黒 茶 青 などがまじっている、色が一種類でない

(極まれに肌色の場合もある)

成長 半年くらいで急激に大きくなる
状態 出血や膿んでいるような部分がある

 

気になるほくろがある方は早めに受診されるようにおすすめいたします。

 

スポンサードリンク


関連ページ

足の裏のほくろ
悪性のほくろができやすい、足の裏のほくろについて。