ほくろ 色

ほくろの色

ミントのがぞう

ひと口にほくろといってもいろいろ。

 

ここではほくろの色に注目してみました。


 

 

管理人のほくろの色は茶色です、手も顔も足も茶色のほくろばかりです。

 

管理人の母のほくろの色は黒に近いこげ茶色です。

 

みなさんのほくろの色も黒っぽい色か茶色かのどちらかではないでしょうか?

 

 

 

1人1人のほくろの色は、メラニン色素という皮膚にある色素細胞の色で決まります。

 

ほくろはメラニン色素を作る細胞メラノサイトが重なりあって生まれます。

 

メラニン色素の色が黒い方はほくろも黒色に、メラニン色素が茶色い方はほくろの色も茶色くなります。

赤いほくろと青いほくろ

ほくろの色について自分と母のほくろを調べた時、赤いほくろみたいなやつを発見しました。

 

管理人は胸のあたりに、母は腕に赤い色のほくろらしきものがありました。

 

この赤いほくろの正体は、ほくろではなく老人性血管腫です・・・(i-i)。

 

老人性血管腫という名前だけでショックですが・・・、ここは気を取り直して調べました。

 

老人性血管腫は加齢とともに表れる血管腫で、毛細血管の増殖や拡張が原因なのでとくに治療の必要はない病気です。

 

多くは40代頃からできますが、10代からできる事もあります。

 

老人や血管腫という単語で少し警戒していまいますが、実際には若い方にできる事もめずらしくはないそうです。

 

 

 

私の体では確認できませんでしたが、青くみえるほくろもあるようです。

 

青くみえるほくろは青色母斑(せいしょくぼはん)といわれるものです。

 

通常のほくろが発生する位置よりも、もっと皮膚の深い部分にできたほくろが青く見えるそうですよ。

スポンサードリンク


関連ページ

盛り上がったほくろ
厚みや盛り上がりのあるほくろ(ホクロ)について。
ほくろはいつできる
ほくろは生まれつきあるのか?それとも生まれたあとにできるのでしょうか?
ほくろが増える
ほくろの数が増えているのは気のせい?ほくろが増える原因などを調べました。